生きるためのセミリタイア

当たり前を疑い、40代セミリタイアを目指す

仕事が心底どうでもいい

仕事とか、心底どうでもいい。最近ますますその気持ちが強まっている。

ふと休日に仕事のことを思い出してしまい(まだまだ修業が足りない)、
これが終わってないとかあれうまくいくかな、などと一瞬でも考えてしまうと、その途端、
「どーーでもいーーーー!!」と叫びながらのたうち回りそうになる。

給与所得者は仕事が増えて忙しくなっても、まったくと言っていいほど得をしない。
残業代が出たとしても自分の時間は奪われ、不規則な生活で健康も損なわれる。

やってる感を出すために思いつきで仕事を増やす管理職なんて最悪だ。暇なんだろうな。
これがブルシットジョブってやつか…と思う。
仕事を減らすための思い付きなら歓迎だが。

 

 

就職でも転職でも、面接ではやる気のあるフリをしなければならない。
本当は働きたくなんかないのに、「働きたいです!」「こんなふうに貢献できます!」とアピールしなければならない。
上司との定期的な面談などもそうで、死んだ目で「何もしたくないです…」と言うわけにはいかないので、無難な対応をしなければならない。

でも本心では、心底どうでもいい。生きていくのに必要な金銭を得られればそれでいい。
今の仕事が嫌とかそういうレベルではなく、労働自体が嫌だ。
せっかく稼いだお金を労働のために使うとか論外なので、仕事にしか使わないもの(スーツ、名刺入れとか)にはお金をかけないし、飲み会にも行かない。

「打ち上げ」って何?ロケット?
何の慰労にもならない。帰って自炊して湯船につかり、さっさと寝た方が癒される。
おじさんたちは家に帰りたくないのか?趣味とかないのか?
いったいどっちが「普通」なんだ?

30代の私は40歳でのセミリタイアを目標としているが、それまで労働を続けられるかすら疑わしくなってきた。。